自閉症児と頻尿おやじの不安払拭・未来開拓

自閉症児と頻尿おやじが未来へ向けて行動中

映画:梅切らぬバカ(障害者がテーマ)を観て

映画:梅切らぬバカ

観てきました。

自閉症児の親として、今後やっていくべきことが見えたような気がします。

でもそれは勇気と根気のいること。体力も。。。

でも進んでいかねば!
(今日は文字数多めですが。。。読んで頂けると嬉しいです。)

 

f:id:zukatomo:20220107143301j:plain

 

ストーリー(簡単に。映画をご覧になる方は飛ばした方がいいかも?)

母:珠子(加賀まりこさん):年齢は75歳くらいの設定?

子:忠男(塚地武雅さん):愛称は忠さん、50歳。

母と子、二人で暮らしていたこの親子が、あるきっかけで忠さんはグループホームに引っ越すことに。

しかしグループホームの存在を快く思わないご近所さん達とある日トラブルが起こる。

ご近所さん達はグループホームの前に集まり訴えかける。

「私たちは、普通の生活がしたいだけだ」

結局、グループホームを出て、自宅に戻ることになった忠さん。

その忠さんをぎゅっと抱きしめる母・珠子さん。

「ありがとう、忠さん、ありがとう」

珠子さんの家で、忠さんと一緒に食事をすることになった隣家の親子。

そこで初めて忠さんに対して自己紹介する隣家の父(渡辺いっけいさん)。

酔っぱらって「ここにグループホームを建てればいいじゃないか」と言い残して帰っていく父と母(森口瑤子さん)と子(斎藤汰鷹さん)。

翌朝、「本当にグループホームを建てるからね」と言う珠子さんに対し、うろたえる父。

「酔っぱらって覚えていないんですよ」と子。

「冗談よ」と言って、微笑みながら、庭の梅の木を見つめる珠子さん。

70分を約500文字で書いてみました。重要なポイントが多々抜けてますがご容赦を。。。

冒頭にも書きましたが、私(たち)がやっていかなければならないことが見えてきたように思います。

 

普通って?誰の?

ご近所さんがいった言葉「ただ普通に生活がしたいだけ」。

「普通」に生活がしたい。誰もがそうです。

障害者もそうなんです。「普通」に生活がしたいのです。

障害者も、ご飯を食べ、気軽に出かけ、夜は寝るといった、多くの人たちと同じような生活がしたいのです。

何故ご近所さんはグループホームの存在や、障害者の存在を嫌がるのでしょうか。

私も障害児の父になるまでは、障害者を避けていたと思います。何となく怖いとか気持ち悪い(ごめんなさいね)といったイメージを持ってました。

表情が「普通」とは違っている、奇声をあげる、よだれを垂らしているといった姿を見て来たからだと思います。

「普通」に考えると「普通」ではないですよね。

でもここでいう「普通」は、障害者のことを知らなかった私が考えていた「普通」であり、障害児の父となった今の私が考える「普通」とは違っています。

今の私の普通

障害児の父となった今の私の「普通」は「障害者はそういうもの。外見や言動に(自分と比べて)何らかの違いがあっても、同じ人間」です。

2005年に起きた障害者施設津久井やまゆり園事件をご記憶ですか?あの犯人は「障害者はいない方がいい」「障害者は不幸しか生まない」という思想に変化し、あの事件を起こした、とニュース等で知りました。

障害者は不幸しか生まないのでしょうか?

そんなことはありません。私は、私たち家族は次男がいて幸せです。時には手を焼くこともありますが、手の焼き方が異なるだけで、どこのご家庭でも同じではないでしょうか。次男は私や家族を笑顔にしてくれます。

みんなが共存、共生できる社会に

最近世界的にも当たり前になりつつあるLGBTQの方々を受け入れる動きのように、障害者も「普通」に受け入れられる日本(世界)になってほしい。

障害者や、障害者施設が近所にあっても受け入れてほしい。政府や自治体も「施設から地域へ(自立支援法)」と言っているのだから、「立場は中立(映画の中で言ってました)」ではなく、実現のための法や条例の整備を進めてほしい(法や条例がないとできないということが残念ですが)。

障害者側は?

この映画では、ご近所さんが「子供が叩かれた」「夜、うるさかった」と言っていました(叩かれる、騒ぐといったシーンはありません。また叩いたのは、聴覚過敏の障害者が、音を立てていた子供さんを叩いたようです)。

これを障害者だから許してほしいというのは違うと思います。

障害者側も周囲に迷惑をかけない努力は必要です。

イヤーマフをする(ヘッドホンみたいなものです。でも介助者がいないと車や自転車に気づかない危険性があります)、建物の防音性をあげるなどの対策が必要。

お互いが理解しあい、問題点に対しては、お互いができることを探して手を打っていく。こんな社会が理想だと思います。

親の気持ち、ありがとう

珠子さんが泣きながら言った言葉「ありがとう、忠さん、ありがとう」。

戻ってきてくれた、生まれてきてくれた忠さんに対する感謝の言葉。

障害児であっても、親の気持ちは同じです。

 

偉そうなことを書きましたが、これが障害児の親であり、映画を観た私の感想です。

障害児の親の一番の心配は「親が死んだあと、この子はどうなるんだ?」です。

望みは薄いと思いますが、より多くの方々、特に障害者とは縁のない方々に、この映画「梅切らぬバカ」を観て頂きたいです。

障害者を普通に受け入れてくれる社会になってほしい。

 

<未来へ向けての私は>

たいどん(うちの次男の愛称です。これからは「次男」ではなく、愛称を使いたいと思います)と一緒にいろんなところに出掛けます。

奇異の目で見られると思いますが、身の回りに障害者がいることが「普通」になるよう願いを持って、いろいろと出かけていきます。

 

ではまた。

(下のリンクはいつまで有効なのかは分かりません。お早めに)

映画『梅切らぬバカ』オフィシャルサイト 大ヒット公開中 (happinet-phantom.com)

 

人気投票にエントリー中。
よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村