自閉症児と頻尿おやじの不安払拭・未来開拓

自閉症児と頻尿おやじが未来へ向けて行動中

トイレ記事一覧
健康記事一覧
自閉症児育児記事一覧
読んだ本一覧

聴神経腫瘍のガンマナイフ治療:事前の検査

ずかとも(私):過活動膀胱を患う頻尿おやじ。永遠の20歳(本当は丙午生まれ)

 

入院初日の午後の様子です。

 

病室に案内されたのが朝10時ごろ。

看護師さんから入院期間中のスケジュールを聞いてからは特にすることがありませんでしたが、午後2時半頃になって声がかかりました。

 

「レントゲンをとりますから2階へ行ってください」

 

エレベーターに乗って2階へ向かうと目の前がレントゲン検査の部屋。

そこで初めて「頭部」のレントゲンをとりました。

健康診断では胸のレントゲンをとりますが、その胸をくっつける板に

①おでこと鼻をくっつける

②おでこをくっつけて少し下を向く

③左耳をくっつけて横を向く

これら3つの姿勢でとりました。

どんな写真ができあがるのか見てみたい。。。

 

レントゲンの後は心電図検査。

これは普通の心電図検査。

 

10〜15分くらいですべて終了です。

 

 

 

午後3時にはシャワーを浴び、あとは夕食を待つばかり。

することがないのでTVerを見たりブログを書いたりして時間を潰しています。

(お風呂場の写真)

 

そして午後6時すぎに晩ごはん。

(晩ごはんの写真)

 

明日の朝は朝食なし。

明日の昼まで辛抱できるか心配です。。。

せめて少しでもお腹の脂肪が減りますように。。。

 

ではまた。

(自動広告)

 

自動広告