自閉症児と頻尿おやじの不安払拭・未来開拓

自閉症児と頻尿おやじが未来へ向けて行動中

トイレ記事一覧
健康記事一覧
自閉症児育児記事一覧
読んだ本一覧

アメリカのトイレで【オー・マイ・ガッ~!】

f:id:zukatomo:20220113201442p:plain

ずかとも(私):過活動膀胱を患う頻尿おやじ。永遠の20歳(本当は丙午生まれ)

 

とりとめのない話です。

 

今から約30年近く前、確かアトランタオリンピックの前年ではなかったかと。

ある仕事のメンバーとしてアメリカに出張させてくれました。

アトランタのあるジョージア州

確か、名古屋空港(今の空港とは違います)からポートランドオレゴン州?)に飛んで、そこで乗り換えてアトランタ空港へというルート。

帰りはその逆のルート。

飛行機はデルタ航空でした。

 

(なんと約2000文字上にもなってしまいました)
(目次だけでストーリーが分かるようにしたつもりですが(無理かな?)、よろしければ最後までお付き合いください)

 

行く人、来た人入り乱れ

私にとってポートランドが初めてのアメリカ。

驚いたのは空港内の人の多さ。

日本や中国など、多くの国(あまり行ったことはありませんが)の飛行場では、「今から飛行機に乗る人」と「到着した人」の通路は明確に分かれています。

でもアメリカでは、乗る人も到着する人も同じ通路を歩いています。

そのせいもあるのでしょう。人が多いように感じました。

 

意外と多いトイレ利用者

行く人、来た人が同じ通路を歩いています。

そのためでしょう。

トイレの利用者も多いようです。

単純に考えると他国の2倍ですね。

 

意外と広いトイレ

アメリカ人は身体が大きい人が多いですよね。

そのためでしょう。

トイレの個室も広かったように記憶してます。

そのためドアから便器までのスペースが、日本のトイレ以上に広い。

「身体も国もトイレもデカい!」

と思ったものです。

f:id:zukatomo:20220107082408p:plain

広いよ

意外と小さいカギ

ドアを閉めたらカギをかけます。

当然です。

そのカギが意外と小さいスライド式の鍵。
(絵を参照ください)

カギをかけても、柱にある口金具と引っかかっているのがほんの少しだけ。

どうやっても少ししか引っかからない。

でも人がたくさんいますし、いきなり「バンッ」とドアを蹴っ飛ばして「ホールド・アップ」なんてことはないだろうと便器へ向かったのです。

f:id:zukatomo:20220107082439p:plain

小さいよ

意外と速いアメリカ人のウ○チ

ズボンをおろし、パンツをおろし(ホントは同時におろしますが)便座に座ります。

当然ですが、両隣の個室でも、ズボンをおろし、パンツをおろし、便座に座って用を足しています。

また当然ですが、用が済むと、パンツを上げ、ズボンを上げ、個室から出ていきます。

これまた当然ですが、個室が空くと次の人が入ってきて、ズボンをおろし、パンツをおろし、便座に座って用を足します。

この営みが繰り返されるわけです。

私が用を足している間に、隣の人が3~4人入れ替わったように記憶してます。

私のお腹の具合が悪かったのか?

それともアメリカ人がスピーディなのか?

恐らく後者だと思うのであります。

 

意外とひ弱なトイレの作り

映画などでご存知かと思いますが、アメリカのトイレの個室って、ドアの下の隙間が広いですよね。

あれって犯罪防止らしいですが、慣れない私にはちょっと違和感。

しかもドアや壁が薄いようにも思えましたし、何よりも柱が細かったように思います。

なぜそう思ったか?

隣の個室でドアを開け閉めするたびに、壁や柱が揺れるのです。

そう、揺れるのです。。。

 

視線は一転に集中

そう、揺れるのです。

しかも両隣が同時にドアを開け閉めすると揺れがひどい

カギは少ししか引っかかっていないのです。

不安はそのカギ。

視線はカギに釘付けです。。。

 

バンッ・ユラ・カタでヒヤヒヤ

アメリカ人は身体が大きいですよね?

なのできっと力も強いのです。

特に私の隣に入ったアメリカ人は。
(勝手にアメリカ人だと思ってますが)

  • ドアを勢いよく「バンッ!
  • 柱が「ユラユラ
  • カギが「カタカタ
  • バンッ!
  • ユラユラ
  • カタカタ

今にもカギが外れる(この場合、開くのではなく、外れるが正しい)のではないかとヒヤヒヤしながら用を足しています。

心、お尻にあらず、です。。。

しかし無情にもその瞬間はやって来ました。

「カンッ(ある現象を表す音です)」

 

伸ばした手が。。。

とうとうカギは外れたのです。

これはまずいと思い、座ったまま前かがみになって手をドアに伸ばしたのですが、その伸ばした手が届かない

「オ~・マイ・ガッ~!」

f:id:zukatomo:20220107085031p:plain

オ~・マイ・ガッ~!

アメリカのトイレは広いことを実感した瞬間でした。。。

幸いウ○チはお尻から離脱した後だったので

「エイヤッ!」

と意を決して立ち上がったのであります。

f:id:zukatomo:20220107082509p:plain

エイヤッ!

 

耳をすませばジブリではなく隣に)

何とか危機を脱しました。

あとはどう処理するか(何を?)です。

隣が用を足している間は、柱がユラユラすることはありません。

隣が用を終えた後には、柱ユラユラが発生します。

なので隣の様子、しかも両隣の様子に耳をすませ、

  • 隣がカギを掛けたら、こちらもカギをかけなおし
  • 隣が用を済ませたら(水を流しますからね)立上ってドアを押さえる

私はできる男なのです。

 

皆さんはこんな時どうしてますか??
(こんなこと、あるわけないですよね)

 

でも私の個室がこうなるということは、ほかの個室もこうなるということですよね?

あの個室の中では、全員立ってたりして。。。

f:id:zukatomo:20220107082509p:plain

全員立ってる?



下の隙間から見たら分かってしまいますね。。。

「なんで立ってるんだろう?」

 

自分の番になって

「あ、こういうことね」って。。。

 

<未来へ向けての私は>

もう行かない。

アメリカなんて。。。

 

ではまた。

 

人気投票にエントリー中。
よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

自動広告