自閉症児と頻尿おやじの不安払拭・未来開拓

自閉症児と頻尿おやじが未来へ向けて行動中

デジタル資産な私のへそくり

ずかとも(私):過活動膀胱を患う頻尿おやじ。永遠の二十歳(本当は55歳)

 

へ、へ、へそくり、お持ちですか?

 

私はあります。

 

とあるネット銀行口座に。

 

f:id:zukatomo:20211125202522j:plain

写真はイメージです。当然。。。

でもある日、IDやパスワードを紙に書き、封筒に入れ、とある場所に保管しました。

とある場所とは?

私に万が一のことがあったら、カミさんが整理するであろうと思われる場所です。

 

ぽっくりいくかも?

ある日、左の胸がチクチク痛みました。

この世に生を受けて半世紀以上。何があってもおかしくない。
過活動膀胱も患ってますし。。。

「ひょっとして心筋梗塞の前触れ?」
「このまま逝ってしまったら私のへそくりはどうなる?お上に略奪される?それはあまりにも悲しすぎる。家族に残さないと」

これがきっかけです。

ちなみに病院には行ってません。。。

 

デジタル遺産

デジタル化が進んで久しいですが、意外と問題になっているようです。
そもそも銀行は名義人の死を知ると口座を凍結してしまいます。
最近は上限金額はあるものの、一部を引き出すことは可能なようです。
ただしそれは名義人の通帳や印鑑などが手元にあっての話。
存在すら知らなくても、遺品を整理したら出てくる可能性はあります。
でもネット銀行だとそんな可能性はほぼゼロ。
そこで残すことにしたわけです。

他に必要なものは?

ネット銀行口座にログインするためのIDにパスワード、秘密の質問と回答。
Webメールを使っている場合は、メールにログインするIDとパスワードも必要?
改めて考えてみます。。。

ご存知の方は教えてくださいませ。

 

皆さんもお上に奪われないようご注意ください。

またパートナーにも書き記しておくよう、それとな~くお勧めください。。。

<未来へ向けての私は>

へそくりを引き出すために必要な情報を探り、見つけるたび手紙に追記していきます。

 

その時まで、カミさんに見つかりませんように。。。

 

ではまた。

人気投票にエントリー中。
よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村